3段階の細胞呼吸

細胞呼吸の第一段階では、細胞が炭水化物からグルコース分子を分解する。それはそれらをピルビン酸に変え、それは細胞呼吸の第2段階で使用されます。細胞からのエネルギーは、ATP(これはADPになる)からリン酸を取り、それを6炭素グルコース分子に加えるために実際に使用されます。グルコース分子の位置が変化し、フルクトースになる。次に酵素がフルクトースを分解し、ピルビン酸の2つの3炭素を作ります。さらにいくつかの工程を経て、リン酸基が除去され、ピルビン酸分子はクレブスサイクルに入る準備が整う。

ピルビン酸は細胞質ゾルからミトコンドリアの内部に移動する。次いで、微量酵素が1つの炭素分子と2つの酸素分子を取り除き、アセチルCoAを生成する。これは2炭素の砂糖で、今度はクレブスのサイクルを通過します。クレブスサイクルは、基本的に、酵素がアセチルCoA分子を酸化する一連の段階である。酸素は解糖とは異なり、細胞呼吸のこの段階に必要であり、4つの二酸化炭素分子、6つのNADH分子、2つのATP分子および2つのFADH2分子が生成される前に、クレブスサイクルの2回の完全なターンが必要である。

これが、エネルギーの大部分が生成される場所です。ミトコンドリアの内部には、電子を運ぶタンパク質の系があります。これらのタンパク質は、電子輸送鎖を好気性(酸素を必要とする)にする酸素に付加されるまで、電子を鎖の下で通過させる。しかし、それらの電子と共に、プロトンも酸素に通された。陽子が生体膜を横切って移動するとき、それらは勾配を形成し、ATPが生成される。