頭痛と発汗の原因は何ですか?

頭痛および発汗は、種々の医学的障害および状態において見られる2つの一般的な症状である。頭痛や発汗の治療は、患者の診断に応じて短期または長期にわたることがあります。これらの診断された病状のいくつかには、全般性不安障害、乗り物酔い、マラリア、ブルセラ症および食品添加物アレルギーが含まれる。

一般化された不安障害には、発汗、嚥下困難および頭痛などの症状が伴う。一般化された不安治療には、行動変更療法および薬物療法が含まれ得る。

運動酔いは、運動中に頭痛、冷たい汗、めまいなどの症状を経験するときに起こります。運動の形態には、列車または飛行機による移動が含まれる。治療には投薬や呼吸法が含まれます。

マラリアは、特定の蚊に見られる寄生虫によって引き起こされる深刻な病気です。症状には頭痛や発汗があります。患者は初期の兆候の間に抗マラリア薬で治療されるべきである。

ブルセラ症は、ブルセラ菌によって引き起こされる疾患である。症状としては、発汗、疲労、頭痛などがあります。治療には、ドキシサイクリンやリファンピンなどの抗生物質が含まれます。

食品添加物は、発汗、頭痛および急速な脈打ちなどの症状を引き起こす可能性があります。これらの添加剤には、亜硫酸塩(ホットドッグに見られる)またはアスパルテーム(無糖製品に含まれる)が含まれる。治療には、アドレナリン注射が含まれ得る。