誰がSSIの給付を受ける資格がありますか?

補充保障所得は、65歳以上の人々、適格な盲目の障害者、障害のある大人と子供に毎月点検を行うニーズに基づく財政援助プログラムです。それは一般的に、限られた収入と限られた資源を持つ人々が家の外で働いたことがない、または社会保障障害保険の資格を得るのに十分なほど長く働いていない人にのみ利用可能です。特定の身体的および精神的条件のみが適格です。

障害のある大人の定義は障害のある子供の定義とわずかに異なりますが、どちらの場合も、障害は、少なくとも12ヶ月間存続したか、または持続するかの医学的に検証された身体的または精神的障害でなければなりません。子供の場合、その状態は著しく重度の機能上の制限をも生じさせなければならない。大人の場合、条件は、有益な雇用に従事することができない人を離れる必要があります。

資格を得るためには、通常、SSAブルーブックと呼ばれる社会保障障害リスト作成マニュアルに記載されている条件と一致するか、それと同等でなければならない病状。各主要な身体システムについて、このマニュアルは、重篤な状態を評価するための障害および基準を記述する。しかし、すべての潜在的な条件が列挙されているわけではありません。線維筋痛症または過敏性腸症候群などの非上場状態の人は、その効果が進行中で衰弱している場合、依然として適格である可能性があります。

社会保障庁には、SSI資格の対象となる資格を得るために十分な深刻な病状のリストが保持されている、配慮手当プログラムがあります。これらの中には、多くの種類の成人および小児がん、筋萎縮性側索硬化症 – ルーゲーリック病 – 進行性球麻痺および早発性アルツハイマー病などの筋肉疾患が知られている。

盲目の大人または子供としてSSIの給付を受ける資格は、あなたが完全に盲目になることを必要としません。最低基準を満たすためには、眼鏡をかけている間に、より良い眼に20/200以下の視力を持たせるか、より良い目でトンネル視力を持たなければならない。 20/200という視力は、20フィート離れた場所から明瞭に見ることができるもので、視覚障害のない人が200フィート離れたところから見ることができることを意味します。トンネルビジョンは、目を左右に動かすことなく見ることができる総面積がより良い目で20度以下である視野限界である。