脳腫瘍の変化と頭痛は何ですか?

頭痛は多くの病気や怪我の共通の病気であり、軽度の煩わしさから衰弱するまで多岐にわたります。頭痛の1つの原因は、脳炎症と呼ばれる脳の軟化である。

脳脳腫瘍の変化は、出血および炎症によって最も一般的に引き起こされる脳組織の軟化である。それは退行性であり、しばしばCTスキャンで現れる色、白、赤、黄で表されます。

脳脳卒中の変化はしばしば炎症および出血と関連するので、頭痛も同様に一般的に経験される。脳が軟化しているので、頭痛を引き起こす腫れの影響を受けやすくなります。

未処理のままであれば、脳の柔らかさと腫れが致命的になることがあります。定期的な頭痛がある場合は、医師に神経学的な問題がないことを確認することをお勧めします。脳に脳麻痺の変化がある場合、医師はその状態を治療することができるかもしれない。