糖尿病患者のためのオクラの利点は何ですか?

糖尿病患者にとって、持続的な健康な血糖値は、健康管理の最重要目標です。オクラは、栄養価が高く、おいしい、有益なメニューで、良いグルコースコントロールを維持するのに役立ちます。

オクラは典型的には緑色で長いポッドのような形をした野菜で、各ポッドの内側には2列の種子があります。オクラはアフリカや中東に由来しますが、国際的に栽培され食べられています。

CalorieKing.comによると、生の食用オクラの一杯の大きさは、29カロリー、6.7gの炭水化物、3gの食物繊維を含む約3.4オンス(8ポッド)です。

低カロリーのオクラは体重の減少やメンテナンスに役立ちます。炭水化物が少ないため、インスリン依存性糖尿病患者の毎日の食事計画に考慮することは簡単です。

オクラの高い繊維含量は小腸の吸収を調節し、砂糖の処理を遅くします。 NaturalFoodBenefits.comによると、okraはプロバイオティクスとして知られている良い細菌の成長を促進し、良好な消化のための健康なバランスを維持しています。

オクラは頻繁に油で吹き飛ばされ、揚げられ、栄養の利益を無効にし、脂肪含有量を増加させます。それを生のまま、蒸したりダイシングして低温で調理して、この美味しい野菜のビタミンと繊維を保持します。