皮質性異形成の症状は何ですか?

皮質形成異常として知られている脳の状態は、胎児の異常な脳発達に起因する先天性欠損である。皮質形成異常はすべての子供に同じように作用しないので、医師はそれぞれのケースでカスタマイズされた治療計画を作成するでしょう。状態を診断するために、医師は神経学的検査を行い、MRI、CTスキャン、脳波などの画像検査を使用する。

先天性の症状は、子宮内にまだ出生している間に子供に影響を及ぼす症状です。皮質異形成はこのような状態の1つです。正常な脳の発達において、ニューロンと呼ばれる脳細胞は脳の中核を形成し、その後、妊娠の後期に層が発達するにつれて脳の外層に移動する。皮質異形成の場合、ニューロンは発達中に正しい場所に移動せず、脳の層にある程度の変形を引き起こすことがある。場合によっては、層が完全には成長しない。

皮質異形成の最も一般的な症状は、てんかん発作である。発作は、通常、子供に応じて、頻度および重度が変化して再発する。子供の発作が皮質異形成と関連する場合、エピソードは、子供が生まれた直後に始まる。発作が人生の後半に始まる場合、エピソードは皮質形成異常ではない。皮質形成異常を有する小児には、異常に大きな頭部、身体のあらゆる部位における遅い反射、歩行時の不器用さなど、他の症状もあり得る。彼らは、精神遅滞や異常に攻撃的または自発的な行動を含む心理的な状態に苦しむ可能性があります。彼らは話す方法を学ぶのが難しいかもしれません。

皮質異形成症候の治療は、状態の重篤度および子供の一般的な身体的健康に基づいて異なる。場合によっては、皮質形成異常を有する小児は発作を予防するために抗発作薬しか必要としないことがある。より重度の場合、医師は脳の損傷部分を除去することが最善の治療法であると判断することがあります。脳の一部を除去することは、予測不可能な結果を​​もたらす危険な手順です。医師は他の治療法がないと確信しているときにのみ、手術に頼るでしょう。

大部分の場合、皮質異形成症候の発症はランダムである。医師は、潜在的に子供がその状態で生まれる可能性を高める可能性がある任意の1つの危険因子を特定することができない。いくつかのケースでは、特定の家族メンバーの遺伝子構成に皮質異形成が見られるが、遺伝学と状態との間には明確な関係はまだない。

皮質形成異常のいくつかの症状はてんかんと類似しているかもしれないが、それらは同じ病気ではない。角膜形成異常はてんかんの潜在的な原因の一つですが、それだけではありません。多くの状態は、事故、アルコール中毒または薬物乱用の結果としての脳損傷を含むてんかんにつながる可能性がある。てんかんは必ずしも先天的状態ではなく、生涯どの時点でも現れることがありますが、子宮内で発達している間に皮質形成異常が始まります。