災害管理の目的

災害管理とは、準備、緩和、対応、復旧を通じて自然災害や人為的災害に対処するために実施される方針、プログラム、行政措置、および業務を指します。特定の災害に対処するために取られる措置は、危険性によって異なるが、あらゆる状況に災害管理の4つの目的が適用される。

効果的な災害管理は、災害からの罹患率、死亡率、経済的および物理的被害を軽減または回避する。これを達成するために使用される方法には、ハザードおよび脆弱性の分析、準備、緩和および防止対策、予測および警告システムの使用が含まれます。効果的な災害管理技術の例には、リスクアセスメントの完了、コミュニティストームシェルターの構築、およびコミュニティの屋外サイレンシステムのインストールが含まれます。

災害管理は、災害に伴う罹患率や情緒ストレスなどの個人的な苦痛を軽減します。苦しみを防止するために使用される方法には、ハザードおよび脆弱性の分析、準備、緩和および防止対策が含まれます。個人的な苦しみを減らす努力の例としては、水の供給が汚染されたときに安全な食料供給と飲料水を提供することが挙げられます。

3番目の目的は、回復をスピードアップすることです。この目的を達成するための方法には、効果的な対応メカニズムと、復興プログラムと支援の制度が含まれる。回復スピードを上げるための取り組みの例としては、保険請求のための書類援助の提供、助成金や融資申請などがあります。

災害管理は犠牲者や被災者への保護を提供する。施設は、避難所のニーズに対応し、保護サービスを提供するための準備、対応メカニズム、復興プログラム、援助を利用しています。