微生物の増殖を制御するためにUV光を使用するいくつかの実際的な用途は何ですか?

消毒とは、表面に有害な微生物を殺すプロセスです。抗菌溶液などの微生物を殺すにはいくつかの方法がありますが、紫外線を使用する方法もあります。紫外線は微生物の増殖を防ぐのに有効であり、殺菌剤としていくつかの例で使用されている。

紫外線は、結合されたときに電磁放射を生成する電気および磁気波からなる。電磁放射は、小さな束のエネルギーである光子と呼ばれる単位で放出される。エネルギーの小さなパックが表面に接触すると、それらは存在する微生物に直接的な影響を及ぼす電荷を放出する。

UV光の成分は、それが微生物に悪影響を与えることを可能にする。 UV光の小さな単位は、可視光よりも高い周波数で移動し、より多くのエネルギーを運ぶことができます。このより高いエネルギーの存在が真菌または細菌のような微生物に入ると、それは微生物の細胞内でDNA変異を引き起こす。突然変異が増加した速度で起こる場合、微生物は複製できず、最終的に死ぬ。このようにして、UV光は、微生物を殺すことによって微生物集団に直接作用し、微生物集団の形成を妨げる。

ヘルスケア業界では、UV光を利用して手術スペースや手術器具や実験室で使用される器具を滅菌しています。 UV光は、通常キャビネットまたはフードに取り付けられた紫外線ランプを透過します。光の下にある金属製のラックがツールを保持し、光がスイッチオンされると、光線はツールの表面に存在する微生物を攻撃する。 UVランプは、表面の細菌や真菌を殺すのに効果的ですが、隙間の真下またはツールや物体の亀裂の内側に隠れる微生物には浸透できません。この理由から、UVランプは他の滅菌技術と共に使用される。

UV光は、プール水中の細菌増殖を殺すために有益である。典型的には、塩素や臭素などの溶液は効果的にプールを消毒するが、これらの化学物質は環境に有害な影響を及ぼす可能性がある。 UV光は、マイナスの効果を伴わずに微生物を殺すので、より安全な代替物である。環境にやさしいプール洗浄システムは、プール水にUV光を照射し、微生物を通過させ、複製を防ぎ最終的に破壊することを防ぎます。プール水の微生物の100%を紫外線で殺すわけではありませんが、水を汚染除去するために必要な他の有害な化学物質の量を減らします。