塩水の皮膚への副作用

多くの市販製品は、皮膚の問題を助けるために海塩を利用しています。塩水は特定の皮膚の病気や炎症を助けますが、細菌による副作用もあります。皮膚の問題を解決するために塩水を使用する予定の場合は、皮膚科医に相談して、考慮すべき副作用を明確にしてください。

塩はかゆみや湿疹に苦しむ皮膚に役立ちます。塩水もまた乾癬に役立ちます。塩は毛穴を開いて毒素を取り除く傾向があるので、塩の性質は皮膚の炎症を和らげます。冬には、寒さと氷の風のために乾燥した肌が増えると、塩は炎症を軽減するのに役立ちます。すすぎやバッファーパッドのような柔らかい研磨面を使って水を使ってお肌に水分をけると、かゆみを引き起こす死んだ肌を実際に除去します。

にきびがある場合、塩水には副作用があり、実際には傷跡を整え、にきびの傷跡を改善します。塩水は皮膚から余分な油分を取り除きます。ニキビ治療として塩水を使用する際に最も重要な部分の1つは、その後に塩水をすすぎ落とすことです。しかし、塩水の他の副作用は、特に塩水での持続時間を長くしたり、治療後に洗い流さないと、にきびを増加させます。

塩が体内の毒素を引き出して治癒するので、塩水はその抗菌性および抗真菌性のために皮膚感染症と戦う能力を有する。塩水は剥離し、循環を刺激し、水和物を生成し、保湿力を高める。さらに、塩水の副作用は皮膚細胞の再生をもたらす。死海塩およびヒマラヤ結晶塩は、塩に依存して皮膚硬化を生じる2つのよく知られた製品である。

すべての良好な副作用に加えて、塩水は、マイコバクテリアなどの潜在的に悪い副作用を有する。海水で泳ぐときなど、塩水が切れ目や傷口に触れると、細菌は皮膚に入ります。マイコバクテリアは結核につながることがあります。ビブリオとして知られているもう一つの細菌は、消化されるとコレラを引き起こす塩水にも見られますが、皮膚感染を引き起こします。