ネブライザーとアトマイザーの違いは何ですか?

噴霧器は、本質的に電気噴霧器であり、両方が液体化学薬品を微細な霧に変換する。しかし、両者には違いがあります。ネブライザーは噴霧に時間がかかりますが、噴霧器は瞬間的です。噴霧器は制御された計量用量で作動し、噴霧器は作動せず、噴霧器は噴霧器よりも多くの用途を有する。例えば、噴霧器は、消耗品を洗浄するスプレーボトルやスプレー香水に使用できます。噴霧器として噴霧器を見つけることさえできます。

ネブライザは、液体を取り込んでミストに変え、長いチューブをフェイスマスクに送り込む小型の電子空気圧縮機です。ミストのレシーバーは霧のような物質を肺に吸い込みます。呼吸セッション、液体から霧のすべてを吸うのにかかる時間は、完了するまでに10分以上かかることがあります。

ネブライザーの主な用途は、吸入器を使用するにはあまりにも若すぎるまたは弱すぎる人に呼吸器疾患用の吸入薬を送達することである。小さな子供は、吸入器を使用するときに深く息を吹き込む傾向があります。あるいは、誤った時間に呼吸し、肺に十分な薬を投与しません。同様に、肺に痛みがあり、深く呼吸できない場合、噴霧器は、吸入器よりも小さな粒子で薬物を送達するのに役立ちます。

噴霧器は、液体を微細な噴霧スプレーに変換する装置です。

噴霧器を使用して、噴霧器または吸入器のいずれかを介して、計量された液体をミストとして送達することができる。最も一般的には、噴霧器は、消耗品の洗浄やエアロゾルスプレーで使用されます。香水瓶の上部を絞るときは、噴霧器を使って香水を霧に変えています。

ネブライザーとアトマイザーの最大の違いは、アトマイザーが液体からミストを瞬時に供給するのに対して、ネブライザーは同じ組み合わせを10分間にわたって送達することです。別の主な違いは、噴霧器がミストを少量の制御され計量された量で分配するのに対し、噴霧器は計量されたまたは制御された投薬量でミストを送達しないことである。最後に、ネブライザーは薬の目的にはほとんど厳密に使用されますが、噴霧器は室内スプレー、香水、洗浄用品、調理用薬剤に含まれています。