サナトリウムとサニタリウムの違いは何ですか?

過去には、重度の病気の人々は治癒の選択肢がほとんどありませんでした。可能な処置の1つは、サニタリウムまたは療養所への訪問であった。これらの2つの用語は、非常に似ている医療施設を指します。両者の違いは微妙であり、しばしば交換可能な用語と見なされます。

結核は肺に影響を及ぼす感染症です。現代では、治療するのは難しいかもしれないが、結核患者に抗生物質療法を施すことは可能である。抗生物質の前に、診断または結核はしばしば、罹患者が死ぬことを意味した。結核のために提供された唯一の治療の1つは、患者が新鮮な空気に曝され、医師から毎日の監督を受けた「オープンエア」治療であった。野外治療を受けるための主な方法は、療養所への訪問でした。

衛生陶器は非常に長い間使用されてきました。また、「サニタリウム」という用語は、「健康」を意味するラテン語の「sanitas」に由来し、そのような場所を訪れて得た健康を表しています。サニタリウムは本質的に健康リゾートである施設です。サニタリウムの人々は快適な生活条件とたくさんの健康的な食べ物を食べました。多くの場合、健康上の利益があると考えられていた鉱泉や類似の天然水源の近くに衛生施設が建設されました。

サニタリウムのように、サナトリウムは健康的な食生活と監視された運動と休息を通して健康を促進するように設計された施設です。 「sanatorium」という単語は、「癒す」という意味のラテン語の「sano」に由来しています。名前の違いは、病気の患者(通常は結核患者)の治癒に、療養所の重点を示すことを意味します。サナトリウムは典型的には屋外で多くの野外で、しばしば見晴らしの良い高い地域や海辺で建てられました。結核患者の治療では、日光や新鮮な空気が非常に重要と考えられていました。

Sanitariumsとsanatoriumsは、同様の治療法、同様の遠隔地や自然地方の同様の目標を持ち、同様のものでした。これらの用語は非常によく似ており、現代の用語でも同じ意味で使用できます。しかし、両者には違いがあります。主な違いは、療養所の患者はいつも結核にかかっていることです。療養所は病院に似ており、特定の病気を治療するように設計されています。サニタリウムの人は、健康に関連する理由のためにそこにいるかもしれませんが、病気で実際に病気になっているかもしれません。