アルコール依存症が地域社会に与える影響

アルコール依存症は、どのコミュニティにとっても公衆衛生上の課題です。壊れた家庭、社会的孤立、高騰する医療費は、アルコール乱用の犠牲の一部にすぎません。アルコール中毒は、第一に健康上の懸念であり、個人的な弱点や自己制御の問題ではありません。この問題に積極的に対処するコミュニティは全体的に改善する傾向がありますが、重要な事実は見過ごされるべきではありません。アルコール依存症を取り巻く汚名を取り除くことによってのみ、アルコール依存症を誘発して助けを求めることができ、その結果生じた問題は抑制される。

国道交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration)によれば、全国の自動車事故のおよそ40%はアルコールを伴う。アルコール中毒とアルコール依存に関する国立研究所によれば、未治療のアルコール中毒は年間約10万人を殺し、アルコール濫用の経済的損失は年間収入と生産性、刑事裁判費用、医療費の平均で1846億ドルになる。

Learn-About-Alcoholism.comによれば、高校の高齢者の4分の3は少なくとも1回は飲酒されていると認めているが、1日に平均11,300人のティーンエイジャーが初めてアルコールを試している。アルコール依存症の子供は特にアルコール依存症の影響を受けやすいようです。休職拒否、行動問題およびさらなる薬物使用の可能性は、未成年者の飲酒の主なリスクの1つです。

アルコールは長い間、社会的な影響を受けていますが、長期的なアルコール乱用者はまったく逆の経験をしています。家族や友人との意思疎通が徐々に消えていくにつれて、徐々に優先順位が上がります。家族員は、特にアルコール依存症を行動の結果から保護しようとすると、より孤立しています。一方、懸念を表明する家族は、欺瞞に遭遇し、アルコール中毒者の嘘です。これらの問題は職場に流出します。

アルコール依存症による医療費は、医療費よりもはるかに顕著である。 AlcoholPolicyMD.comによれば、アルコール依存症に対処するための年間医療支出は平均225億ドルで、全国の全入院患者の25%から45%がアルコール合併症治療を受けています。 AlcoholPolicyMD.comによれば、アルコール関連のクラッシュは、10代の間で第1位の殺人であり、その人の虐待により年間約37億ドルの費用がかかるという。 Bingeの飲酒、危険な行動、性的暴力の増加は、このような虐待者のグループの問題のほんの一部です。

逸話的に、少なくとも、証拠を無視するのではなく、虐待の問題に取り組むコミュニティには大きな社会的報奨があることが示唆されています。酔っ払い運転が強化され、社会が厳しいラインを描いていることが示され、アルコールを飲み込んだ不正行為は容認されません。物質濫用および従業員援助プログラムへの資金提供は、アルコール依存症を回復し、地域社会への貢献を積極的に再開することを可能にします。最後に、「飲酒運転に対する母親」および「飲酒運転に対する学生」のような団体は、アルコール乱用の悪影響に抗議するための基盤を提供する。