アルコールブラウンアウトは何ですか?

過度のアルコール消費は、多くの悪影響をもたらす可能性があります。酔っている間に行われる悪い決定は、通常、飲酒運転や安全でないセックスのような危険な行動に関与することを含む。消費されるアルコールの量によっては、これらの出来事の記憶が不完全または存在しない可能性があります。電気的な電圧低下と同様に、アルコールブラウンアウトはリソースの削減につながります。具体的には、アルコールブラウンアウトは、あまりにも漠然とした記憶だけが形成され得る過度のアルコール摂取のために、記憶の障害である。

アルコールはうつ病です。それは心を遅くし、注意や記憶を損なう。注意が損なわれると、そうでなければ回避することができる事故を起こしやすくなります。記憶障害は、個人がキーなどのアイテムを見つける能力に影響を与えたり、電話番号などの単純な記憶を覚えたりすることがあります。アルコールのブラウンアウトは、少し難しいものの、思い出を想起することができるので、中程度の記憶障害であると考えられています。

アルコールが消費されるほど、新しい記憶を形成する能力にはより多くのダメージが与えられます。このように、飲酒の夜に発生したイベントは、翌日すぐにリコールされることはありません。時には、他の人が前夜に何が起こったかについて議論が行われてから、いくつかの記憶が引き起こされることもあります。これらのインスタンスはアルコールブラウンアウトです。アルコール中断時には、形成された記憶は助けなしに想起するのが困難です。起こったことを思い出させることは、これらの思い出を引き出すのに役立ちます。

記憶喪失または記憶喪失は、大量の酒飲みにとって重大なリスクである。誰かに説明された後でもリコールできないイベントは、単に記憶喪失以上のものです。これはブラックアウトとして知られている重大な障害です。ブラウンアウトとは対照的に、記憶は停電中に形成されない。アルコールは新しい記憶を形成する能力を損なってしまったので、酔っ払いの個人はイベントの思い出を持たないかもしれません。したがって、彼らは自分の記憶に保存されていないために起こったことを思い出すことができません。

記憶障害の重篤度は、血中アルコール濃度(BAC)の影響を受けます。同じ数の飲み物が数時間にわたって消費された場合よりも、1時間の間に数回の飲料を飲むことで、血中アルコール濃度が高くなります。より高い血中アルコール濃度は、より高いレベルの減損と関連している。米国では、BACが8.0%を上回るBACが法的障害とみ​​なされています。 15%未満のBACは、中等度の障害を示唆しており、ブラウンアウトを含む可能性がある。 BACが15%を超えると、停電などの重大な障害を引き起こす可能性があります。

ブラウンアウトやブラックアウトの形の記憶障害は、飲みすぎたあとに発生します。しかし、あらゆる種類の重大な障害を避けるために、飲酒を制御することは可能です。飲み物の数を把握することが重要です。 1杯のワイン、1杯のビールまたは1時間の混合飲料は、わずかにBACを増加させるだけです。空腹時に、急速に飲むと、BACが急速に増加します。それほど深刻ではないが、ブラウンアウトのエピソードは真剣に受け止められるべきである。過度のアルコール消費は、永久的な記憶障害を引き起こす可能性があります。