なぜ衛生は重要なのですか?

衛生とは、人間の排泄物を安全に処分し、公衆衛生を維持するためのサービスと施設を提供するプロセスです。これには、清潔で安全なトイレを使用し、水源を清潔に保ち、ゴミを安全に処分することが含まれます。衛生は人口、食糧生産、環境の健康と福祉に影響を与える世界的な問題である。アフリカやインドのような世界の貧しい地域では、衛生状態が不十分であり、世界中の政府や慈善団体が公衆衛生を向上させる努力が継続しています。

衛生は人間の健康に直接つながり、危険な病気の伝播を防ぐことができます。エスペリアン財団によると、貧しい衛生施設は世界の病院のベッドの半分以上が衛生関連疾患に悩まされている病気の主要な原因です。下痢、虫、コレラ、マラリアなどの病気は不必要に衛生状態が悪く、毎日何百万人もの人々の命を奪い、下痢は単独で5,000人の子供の死亡原因となっています。適切なトイレ設備、清潔な流水、安全なごみ処理手段などの衛生条件を提供することにより、このような広範な疾病や死亡の発生を防ぐことができます。

衛生は、子どもたちが大人としての生活を成功させるための教育に公正にアクセスできるようにする上で重要な役割を果たします。国連によると、衛生が原因となる病気は、子供の教育にノックオン効果をもたらす可能性があります。繰り返される腸内感染は、子供に重要な栄養素を飢えさせ、発達を遅らせ、学校の出席率や成績を低下させる可能性があります。開発途上国における衛生状態の悪化の影響は、女子が最も感じているとUnicef氏は述べています。女の子は、清潔な水を得るために歩いて歩くことの家事で占められていることが多く、学校で清潔で独立した洗濯設備とトイレ施設がないために落ちてしまい、休暇を取ることがあります。

衛生は、公衆衛生サービスの枯渇を減らしつつ、食糧生産のための手段と健全な労働力を提供することによって、国の経済発展を促進するのに役立つ。ユニセフによると、世界の誰もが基本的な水と衛生設備にアクセスできれば、下痢性疾患の減少は保健医療部門の116億ドルを節約し、経済は年間56億ドル以上の生産日数を獲得するだろう。国連によると、衛生設備の改善により、改善に費やされた1ドルごとに9ドル相当の利益が得られる可能性がある。

衛生は環境を保護し、持続可能性を促進する上で重要な役割を果たします。国連によれば、生態学的衛生設備を通じて人の老廃物を再利用することにより、農業で使用される肥料が生産される可能性がある。例えば、人間の排泄物の90%以上が中国農業で使用されています。適切なトイレ設備や下水道技術などの衛生設備が不十分な場合、道路には廃棄物が処分され、景観が荒れて住民にとって汚いにおいやひどい生活環境が作り出されます。この廃棄物は、国連によると、未処理の川に侵入し、水を汚染し、動植物を殺し、その水に依存して入浴や清掃目的で健康上のリスクを負う可能性があります。