あなたの体の最も大きな動脈は何ですか?

人体の循環系は、体全体に血液を運ぶ多数の大小の血管から構成されています。人体の中で最も大きな動脈は大動脈である。この血管は、酸素供給された血液を心臓の左側から頭部および身体に圧送する役割を担う。

大動脈は心臓の左心室に取り付けられる。このチャンバーは、心臓から体内へ血液を送るために非常に強く収縮するため、心臓の「仕事場」と考えられています。

大動脈は、すべての動脈のように、滑らかな内層、筋肉の中間層、および薄い外層の3つの異なる組織層で構成されています。

大動脈は、大動脈壁の結合繊維により許容される程度の弾性を有し、血管が収縮の圧力下にあるときに伸長することができるようにするために必要である。

上行大動脈は頭頸部に血液を送り、下行大動脈は下半身と背骨に血液を送ります。大動脈は腹部領域に広がっている。より小さい動脈は大動脈に接続して、体全体に血液の送達を促進する。

動脈瘤は、大動脈の弾力性が損なわれたときに生じる。これにより、大動脈壁に沿って形成される気泡型の拡大がもたらされ得る。動脈瘤は破裂して広範囲の出血を引き起こす可能性がある。